2,000万円からの安心 資産運用

選りすぐりの ヘッジファンド

をご案内

小雪

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 小雪

世界の富裕層に人気の一流ヘッジファンドを多数ご紹介中

豊富な実績

リスクを抑えながらも金融業界最高レベルの高利回りを実現。長期でインデックスを超える実績。

安心の運用

数々の運用実績の賞を受賞し、徹底した資産運用管理体制を持つファンドを厳選。

専門家も注目

ハーバード大学基金などの一流機関投資家も投資中のアセットクラス。

こんな悩みはありませんか?

そんなあなたには 世界の富裕層 がこぞって投資をしている

“ヘッジファンド” をおすすめします。

リスクを“ヘッジする(抑える)”ファンドを意味しています
【実は】一般的なイメージとは異なり、多くのヘッジファンドはリスクを抑えた運用を得意としています。 下げ相場でもリターンを目指せる点は、ヘッジファンドならではの特徴です。

ヘッジファンドとは?

世界が認める“運用のプロ”による確かな長期実績

世界が認める
“運用のプロ”による
確かな長期実績

当社は世界10万本以上のファンドを調査分析しており、以下はご紹介中ヘッジファンドの一例です。いずれも、ファンドによる 手数料控除後の実績 となっております。

積極型ヘッジファンド

累積リターンは約「16倍」

ヘッジファンドAGの実績表(世界株との比較)
ヘッジファンドAGの累積リターン推移のチャート(世界株との比較)

グローバルマクロ戦略ヘッジファンドAG
比較: FTSE All World Index(世界株インデックス)
期間:2006年9月〜2024年4月

バランス型ヘッジファンド

暦年ベースで「15年間負け無し」

ヘッジファンドSPの実績表(世界株との比較)
ヘッジファンドSPの累積リターン推移のチャート(世界株との比較)

イベントドリブン戦略ヘッジファンドSP
比較: FTSE All World Index(世界株インデックス)
期間:2009年5月〜2024年4月

安定型ヘッジファンド

リスクは世界株の約「半分」

ヘッジファンドASの実績表(世界株との比較)
ヘッジファンドASの累積リターン推移のチャート(世界株との比較)

債券レラティブバリュー戦略ヘッジファンドAS
比較:FTSE All World Index(世界株インデックス)
期間:2003年6月〜2024年4月

※本ページに掲載するヘッジファンドはファンド側の受付状況を踏まえて随時更新しております。

世界の富裕層はヘッジファンドへの投資金額を増加中

ヘッジファンドの運用残高

400兆円を超え、過去最高を更新中
ヘッジファンド業界への資金流入グラフ

出典:BarclayHedge – Hedge Fund IndustryAssets Under Management – Historical Growth of Assets

ハーバード大学

運用資金の31%をヘッジファンドで運用中。

ハーバード大学の資産運用ポートフォリオ

出典:Harvard University’s Financial Results for Fiscal 2023

主要資産別リスクリターン実績

ヘッジファンドは、債券よりも低いリスク株式よりも高いリターンの実績があります。

※各種インデックスの月次リターンを用いてデータ期間の年率換算リターンを当社が計算。 計算期間:2000年~2024年4月。 参考:ヘッジファンド:Eurekahedge Hedge Fund Index, 世界株:FTSE All World Index, リート:FTSE/NAREITオールエクイティREIT指数, ハイイールド(新興国)債券:BBGグローバルハイイールドトータルリターン, 金:金価格スポットレート。

“安心 × 長期高利回り実績”

富裕層の皆様と共に創業16年
ヘッジファンドダイレクト株式会社が選ばれ続ける理由

金融商品取引業者(投資助言・代理業)
関東財務局長(金商)第532号
業界No.1

個人向け海外ファンド
助言実績業界

No.1

※2024年TPCマーケティングリサーチ調べ

投資助言契約額累計

1395.9億円突破

※2023年12月末実績

投資助言契約の継続率

93%

※2023年12月末実績

富裕層のためのヘッジファンド投資入門

創業者著書が各書店で
続々ランキング1位獲得

世界トップクラスのヘッジファンドに直接投資が可能な
ヘッジファンドダイレクト

世界トップクラスのヘッジファンドに
直接投資が可能な
ヘッジファンドダイレクト

従来型

お客様

国内の販売会社

国内の運用会社

海外の受け皿となるファンド

当社

当社のアドバイス

お客様

海外のヘッジファンド

ヘッジファンドが他の資産より良いリスク・リターン実績を持っていることはわかった

しかし ヘッジファンドは投資信託やラップ口座とは何が違うの?

ヘッジファンドが他の資産より良いリスク・リターン実績を持っていることはわかった

しかし ヘッジファンドは投資信託やラップ口座とは何が違うの?

一般的な日本の金融商品
(投資信託/ラップ口座)

下げ相場ではリターンを目指せない

規制が多いため運用の選択肢が少ない

通常ファンドマネージャーは自己資金を組み入れることはなく、担当が変わることもある

一般的なヘッジファンド

下げ相場でもリターン目指すことができる

規制が少ないため先進的な運用が可能

ファンドマネージャー自ら多くの資金を投入し、投資家と同じリスクを負うことが一般的

資料請求で
一般非公開ヘッジファンド
をご案内

資料請求で一般非公開ヘッジファンドをご案内

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー小雪

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 小雪

ヘッジファンドのリターン実績資料
お送りする資料の一例

優秀が故に一般公開されていない、知られざる一流ヘッジファンドの実績を是非ご覧下さい。

ヘッジファンドダイレクトのエントランス
ヘッジファンドダイレクトのエントランス
ヘッジファンドダイレクトの応接室
ヘッジファンドダイレクトの応接室

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-2
鉄鋼ビルディング10F

● JR東京駅 八重洲北口から徒歩約2分
● 地下鉄丸ノ内線・東西線・千代田線・半蔵門線・三田線「大手町駅」B10出口直結

【すぐにご相談希望の方】
丸の内オフィス / オンラインにて
ご案内中

ヘッジファンド投資の流れ

STEP 1

実績資料ご案内

世界10万本以上のファンドからお客様のご希望に沿った最適なヘッジファンドを選定いたします。まずはリスクリターン資料をご覧いただき、是非他の金融商品とその実績をお比べ下さい。

STEP 2

プライベート相談

すぐにご相談されたい場合や、実績にご納得いただけた場合、プライベート相談へとお進み下さい。知識と経験豊富な専属の担当者が、ヘッジファンドを含めたお客様のご資産ポートフォリオ全体のご提案までを無料で行います。

STEP 3

ご投資手続きのご案内

ご提案のポートフォリオやヘッジファンドが気に入られた場合、具体的なご投資手続きのご案内をいたします。

STEP 4

継続的な投資相談

ヘッジファンドに投資後、運用状況についてお客様のタイミングで定期的に相談を行います。3年以上の長期投資を前提としていますが、お客様の環境の変化により柔軟にアドバイスいたします。

当社グループ 掲載メディア

日本経済新聞

朝日新聞

日経ヴェリタス

Bloomberg

NHK

Reuters

お客様の声

FAQ

資産運用は長期運用が基本です。3年未満の運用をご希望のお客様は原則お断りさせていただいております。

ヘッジファンドは戦略ごとに特徴が異なります。当社のコンサルタントと相談の上自分に合った戦略のヘッジファンドにご投資ください。 またヘッジファンドは解約までに少なくとも1か月から2か月ほどかかるため、長期投資が可能な資金以外は向きません。

当社では2,000万円以上投資ができる方にサービスを提供させていただいております。

ご投資予定金額、残高に応じて頂戴する設計となっております。詳しくは担当者にご確認ください。
国内の銀行の外貨預金口座はあった方が良いですが、特に海外の銀行の口座は必要ありません。

ポンジスキームは高配当を出すことで、投資家を安心させ、投資資金を集める詐欺のことを指します。
一流ヘッジファンドは「配当」を出すことはありません。
当社がご紹介するヘッジファンドは、ファンド設立来の実績データから顧客の資産保全体制にいたるまで、徹底的に調査分析しております。
その上で、お客様に安心してご投資いただけると判断したファンドのみを厳選してご案内しておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

お客様は直接海外のヘッジファンドにご投資されていますので、運用資金に影響はございません。また当社は個人向け海外ファンドの助言実績が国内NO.1の会社ですので、安心してご利用いただけます。
信託銀行やプライムブローカーを利用しているため、倒産隔離が行われています。そのためヘッジファンドの資産とお客様の資産は分別管理されており、倒産による影響は基本的にありません。
当社の助言対象としているヘッジファンドは、事務管理会社が基準価格を算定するため、虚偽報告を防止する体制がとられています。また第三者の監査法人によるチェックも1年に1回は受けています。
投資信託の運用の規制によって、レバレッジやカラ売り、投資対象などに制限があるため、多くのヘッジファンドを取り扱うことはできません。一部の投資信託の規制の範囲内で運用できるヘッジファンドのみ取り扱われています。

各種お問い合わせはこちらから

リスク等について

■ 最低投資金額を含む運用会社やファンドに関する最新情報・投資機会について、投資助言契約者に対して情報を中立な立場から提供しています。

■ 具体的な金融商品の固有名詞につきましては規制の関係上、弊社との投資助言契約を締結された方にのみ開示しております。

当該評価は過去の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。

■ 投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。

■ 当社は販売会社ではないため、運用会社となんらの契約関係も無く、運用会社の判断に何らの影響を与えることはできません。

■ ヘッジファンドへの投資条件は運用会社の状況によって予告なく変更となる場合があります。

■ 本ページ作成においては万全の注意を払っておりますが、本ページに含まれる情報の正確性、更新性、完全性を保証するものではありません。

■ 本サイトは投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。